旧東京全日空ホテルとして六本木アークヒルズ内に開業

ANAインターコンチネンタルホテル東京


 
ANAインターコンチネンタルホテル東京1986年6月に、東京全日空ホテルとして六本木アークヒルズ内に開業した「ANAインターコンチネンタルホテル東京」。

2007年4月に東京全日空ホテルから名称が変更されたANAインターコンチネンタルホテル東京は、地上37階建て、客室数865室、11のレストラン& バーにショッピングアーケード、大小20の宴会場、フィットネスルーム、ガーデンプール、エステティックサロン、ビジネスセンターなどを備えた高級ホテルです。

客室は、白と茶をベースにゆっくりくつろげる空間を演出したクラシックカテゴリ、デラックスカテゴリ、部屋の広さはもちろんの事、液晶テレビ付バスルームや体圧分散作用がある快眠追求型ベッドなど機能性を追及した調度品も魅力のエグゼクティブデラックスカテゴリ、クラブインターコンチネンタルの4つのカテゴリに分けられています。

宿泊はチェックインが15:00から、チェックアウトが12:00までと、滞在時間が長めに設定されているのも特徴です。
2階にある「カスケイドカフェ」は、テレビ番組でホテルバイキングの1位になったこともある人気のカフェレストラン。

目の前で調理するグリル料理、石釜焼きピッツァ、茹でたてパスタの他に約20種類の温かい料理、28種類のオードブルなど、シェフが腕をふるった幅広いメニューが用意されています。また、20種類のデザート、チョコレートファウンテン、フルーツなどデザートもバラエティ豊富。

ANAインターコンチネンタルホテル東京では、季節に合わせてさまざまなフェアやイベントが用意されています。旅行はもちろん記念日やお祝いなど、いつもと違う一日を過ごしたい時にぴったりの宿泊プランも用意されていますので、興味のある方は是非一度HPを覗いてみてください。。

自分好みの旅を楽しみたいなら、オリジナルツアーの「ANA楽パック」が絶対おすすめ。
3日前まで予約可能で、ビジネスの利用にもぴったりですので、興味のある方は是非この機会にHPを覗いてみてください。

 

↓↓ ANAインターコンチネンタルホテル東京の予約はこちら ↓↓



 

 

 

 


SKYWARD | お問い合わせ